シミの種類に合った対処法|美しい肌を作るために化粧水を選ぶ|毛穴が目立たない肌作り

美しい肌を作るために化粧水を選ぶ|毛穴が目立たない肌作り

女性

シミの種類に合った対処法

女の人

シミの種類

顔にシミが出来てしまうと、気分が落ち込んでしまいがちです。というのも、シミがあると年齢より老けて見られたり、どこか疲れた印象を与えがちです。シミと言っても、その色や形はそれぞれ違います。シミ隠しをしようと、シミの種類を無視して全て同じようにカバーすると、濃いシミに合わせると厚ぼったく不自然に、薄いシミに合わせると十分にカバーできません。そこでシミ隠しをするのには、それぞれに合った化粧品を使い分けるのが仕上がりも綺麗で自然と言えます。まずシミの種類ですが、肝斑、そばかす、ニキビやキズなどが跡になったいわゆる色素沈着と言われるシミ、老人性色素斑などが挙げられます。それぞれに合った、コンシーラーやファンデーション選びがシミ隠しには重要です。

それぞれの対処法

まず肝斑やそばかすのように、比較的色が薄くて広範囲に広がるシミは、シミ隠しとしてリキッドファンデーションを顔全体に塗るのが良いでしょう。比較的薄いしみなので、コンシーラーを使うと厚塗り感が出てしまいます。カバー量の高いファンデーションを選んで、気になるところには重ね塗りするのが自然に隠せます。一方、ニキビ跡のシミのように比較的濃く広範囲で出来てしまったシミには、シミ隠しとしてファンデーションに加えてコンシーラーを使用するのがオススメです。コンシーラーを指でぼかしながらシミを隠すと、自然な仕上がりになります。老人性色素斑のように小さく薄めのシミには、ピンポイントでコンシーラーを軽く塗るのが良いでしょう。